服部晴治(大竹しのぶの元夫)の死因は?息子二千翔の職業は?

LINEで送る
Pocket

2017年10月20日放送の「金スマ」は大竹しのぶさんの還暦祝いをやっていますね。

大竹しのぶさんのこれまでの人生を振り返っていますが、想像以上に波乱万丈で驚きました。

最初の夫服部晴治さんの死因って何だったんでしょうか?

息子の二千翔さんについても調べてみました。

スポンサーリンク

服部晴治(大竹しのぶの元夫)の死因は?

服部晴治さんは大竹しのぶさんの最初の夫でテレビ局のディレクターでした。

大竹しのぶさんが出演したドラマ「恋人たち」がきっかけで、1982年に結婚されますが、1年後に胃がんが発覚。

余命1年と宣告されます。

引用元:http://girlschannel.net/topics/227092/

当時は本人に余命宣告をしないのが一般的だったそうで、大竹しのぶさんはずっと嘘をつき続けなくてはならなかったそうです。

どんな演技よりもつらかったようですね。

そりゃそうですよね、私なら耐えられそうにありません。

その後大竹しのぶさんの妊娠が発覚し、長男二千翔(にちか)さんを出産されます。

服部晴治さんは入退院を繰り返し、余命1年と言われてから結局3年後の1987年47歳の若さで亡くなりました。

大竹しのぶさんはその後1988年に明石家さんまさんと再婚します。

1989年に長女のIMALUさんを出産。

しかし1992年に離婚しています。

これはあまりにも有名ですが、明石家さんまさんの前に結婚されているとは知りませんでした。

ずいぶん悲しい思いをされていたんですね。

大竹しのぶさんは、本当に多くのドラマや舞台に出演されていて、デビュー以来仕事が途絶えたことがないそうです。

すごいですよね!

今でもよくテレビに出演されていますし、舞台にも出演しているようですもんね。

仕事をきちんとこなしながらも、プライベートは波乱万丈だったんですね。

スポンサーリンク

服部晴治wikiプロフィール&学歴 大学は東大?

服部 晴治(はっとり せいじ)

生年月日は不明ですが、大竹しのぶさんより17歳年上だそうです。

ちなみに大竹しのぶさんは1957年7月17日生まれ。

1987年7月死去。

職業:TBSのディレクター

服部晴治さんについての情報はほとんどなく、学歴に関してもわかりませんでした。

大学は東大という噂もあります。

中村晃子から奪略婚?

服部晴治さんは大竹しのぶさんと結婚する前、歌手の中村晃子さんと交際していたそうです。

引用元:http://talentirai.com/profile.html?tid=234

結構モテたんですね!

しかも服部晴治さんはすでにバツ2だったとのこと。

ドラマを手掛ける売れっ子ディレクターだったそうです。

中村晃子さんとは同棲していたのですが、大竹しのぶさんとの浮気現場を目撃されて破局。

最終的に大竹しのぶさんとゴールインしました。

そのことで大竹しのぶさんは、中村晃子さんから罵倒され、世間から「魔性の女」「略奪婚」のレッテルを貼られてしまうことになってしまったようですね。

女の恨みというのは怖いです・・・。

スポンサーリンク

息子二千翔の職業は?

1985年、服部晴治さんと大竹しのぶさんの間に生まれたのが、息子の二千翔さん。

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2149517416584150701/2149518281990055603

慶應大学卒業後、アメリカで働いていたそうですが1年半後に帰国。

一時は大竹しのぶさんとIMALUさんの芸能事務所である有限会社エスターでマネージャーをやっていたそうです。

現在は芸能情報総合サイト「narrow」を運営、ITの会社「ジェミー株式会社」でWEB関係の仕事をやっているそうです。

生まれてすぐお父さんが亡くなっていますので、記憶はないでしょうね。

ただ、お父さんと同じように優秀な方のようです。

明石家さんまさんと暮らしていた時期もあったようですが、「お父さん」ではなく「ボス」と呼ばせていたそうですよ。

さんまさんらしいですね。

まとめ

大竹しのぶさんの最初の夫である服部晴治さんの死因は胃がんでした。

息子の二千翔さんはお父さんと同じく優秀で、サイト運営やWEB関連のお仕事をされているようです。

よかったらこちらの記事もどうぞ↓

山尾志桜里の胸のカップ数は?歯茎が嫌い!恥ずかしい写真が流出?

菊池梨沙の胸のカップ数は?実家が金持ちで両親の職業がすごい!?

硫黄島が噴火したらどうなる?被害状況や津波の心配は?歴史も解説!

貴公俊は宗教が由来でヤバい!双子の弟は?彼女の噂や暴行で引退説も!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする