ハワイで歩きスマホ禁止!罰金金額はいくら?対象地域はどこ?

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

ハワイで「歩きスマホ禁止」になったそうですよ!

これからハワイへ旅行に行く方は要注意です!

気になる罰金金額や対象地域を確認していきましょう!

スポンサーリンク

ハワイで歩きスマホ禁止に!

2017年10月25日にハワイのホノルル市で歩きスマホ禁止の条例「Distracted Walking Law(注意散漫歩行条例)」が施行されました。

歩行者がスマートフォンやデジタルカメラなどの携帯電子機器を見ながら、道路や高速道路を横断することを禁じています。

スマホだけじゃなく、デジカメもダメなんですね!

ということはデジカメで撮った写真の画像を見ながら横断歩道を渡ったらアウトってことですね。

写真を撮ったあと画像を確認するときは、必ず立ち止まったまましないといけません。

デジカメだけではなく、他のタブレット端末やゲーム機器も禁止とのことです。

要は、横断歩道では、前を向いて、車が来ないか確認して注意して渡りましょうということですね。

こどもに教えている最も当たり前のことなんですけどね。

大人ができていないとは悲しいことです。

ケガや死亡事故を減らす目的でこの条例が施行されました。

あくまでも道路横断中が禁止ということですが、歩道でも危ない行為であることは間違いないので、歩きスマホはやめましょう。

スポンサーリンク

罰金金額はいくら?

気になる罰金の金額ですが、15〜99ドル(1650円から1万円相当)で、違反の回数に応じて変わります。

初めての場合は15ドル以上35ドル以下

2回目(1年以内に違反を繰り返した場合)が35ドル以上70ドル以下

3回以上75ドル以上99ドル以下

最大500ドル(約6万円)まで科せられるということです。

ここまで違反を繰り返したら、もうどうしようもないですね。

1回目の違反でやめといてほしいものですが。

もちろん、1回も違反しないことが大切ですけどね!

ちなみに通報のための緊急電話(911)や、オーディオ機器の使用は、禁止行為に含まれないそうです。

つまり音楽を聴きながら横断することはOKなようですね。

かといっても周りの音が聞こえないのもなかなか危ないと思いますので、観光客の方はイヤホンなどはつけずに、注意深く横断したいですね。

スマホに熱中しながら歩いている人たちのことを「スマホゾンビ」と呼ぶそうです。

もはや社会にはびこるゾンビ扱いですね。

日本でも社会問題になっていますが、世界中でも同じ問題を抱えているようですね。

スポンサーリンク

対象地域はどこ?

歩きスマホ禁止の条例「Distracted Walking Law(注意散漫歩行条例)」の対象地域は今のところハワイのホノルル市です。

オアフ島でも、カイルア、ハレイワ、コオリナなどの人気の観光地はホノルル市ではないので対象外のようです。

だからといって危険なことには変わりないので、横断中の歩きスマホはやめましょう。

ワイキキはがっつりホノルル市なので絶対ダメです。

アメリカの主要都市で歩きスマホをしながらの道路横断を禁止したのはホノルルが初めてということです。

今後こういった禁止令の対象地域が広がっていくかもしれませんね。

日本でも将来こういった法律ができるかもしれませんよね。

罰則化しなくても、モラルを守れる世の中になるのが理想なんですけどね。

便利な世の中になる一方、モラルが守れない人が増えるのは悲しいことですね。

他にも気を付けるべき罰金が!

ハワイでは他にも意外と厳しい罰金があるんです。

横断歩道以外の場所で道路を横断すると罰金130ドル。

公共の場所で喫煙すると罰金最大50ドル。

などなど。

日本とは違うので、知らないと大変なことになります。

ハワイへ行ったら必ず横断歩道を渡り、スマホやその他電子機器はカバンにしまっておきましょう!

まとめ

今回歩きスマホ禁止条例が施行されましたが、やっぱりハワイは楽しいです!

規則はしっかりと守って、ハワイを思いっきり満喫しましょう!

初めてハワイに行く人は旅行誌で事前準備してみてくださいね↓

レンタカーを検討されている方はコチラもどうぞ↓

ハワイのレンタカー比較サイトでおすすめの予約方法をご紹介!

※記載されている情報は変更になることもありますので、ご了承ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする