ハワイと日本との時差の計算方法は?早見表や飛行時間もご紹介!

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

今回はハワイと日本との時差の計算方法をご紹介します。

早見表や飛行時間なども参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ハワイと日本との時差の計算方法は?

ハワイは日本より19時間遅れています。

日本が19時(夜)になった時点でハワイでも同じ日になります。

なので日本の時間から19を引けばハワイの時間になります。

例えば、日本で22時(夜)のとき、ハワイでは22-19=3時(夜中)になります。

日本が11時(昼)の場合は11-19=-8

マイナスになってしまう場合は、さらに24を足します。

ということで、ハワイでは-8+24=16時(夕方)となります。

もう1つ計算方法があって、こちらの方がわかりやすいかもしれません。

日本の時間に5時間足して1日戻すという方法です。

ただ、5時間足して24を超える場合は1日戻しません

例えば、日本が22時(夜)の場合は、ハワイでは22+5=27時

24時を超えているので1日戻さず、同じ日の夜中3時ということになります。

日本が11時(昼)の場合、ハワイでは11+5=16時(夕方)になります。

スポンサーリンク

ハワイと日本の時差早見表

計算方法が少しわかりづらいという方はこちらの早見表を参考にしてみてください。

日本 午前
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
ハワイ 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
午前 午後
日本の前日

日本 午後
12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
ハワイ 17 18 19 20 21 22 23 0 1 2 3 4
午後 午前
日本の前日 日本と同日

スポンサーリンク

日本からハワイまでの飛行時間は?時差ボケは?

日本との時差はわかったところで、飛行機に乗っている時間も気になりますよね。

日本からホノルル直行便は夜出発のところが多いです。

羽田、成田、中部(名古屋)、関西(大阪)、福岡、札幌からは直行便が出ています。

航空券の検索・予約はコチラからどうぞ↓

海外格安航空券ena(イーナ)

飛行時間は行きが7時間前後帰りは9時間前後になります。

気流の関係で帰りの方が時間がかかる場合が多いです。

例えば、日本を22:00に出発して飛行時間が7時間半だった場合、ホノルルに着くのは同じ日の午前10:30頃

もう1回同じ日を過ごすという感じですね。

体感的には朝の5:00頃ということになります。

行きの便ではできるだけ寝た方がいいです。

飛行機に乗って1時間後ぐらいに、機内食が出ますので、食べた後はすぐに寝ることをオススメします。

その時点で日本時間の24時ぐらいになっていると思います。

到着1時間前には機内食の軽食が出ます。

便によって軽食は事前にマフィンや水が袋に入れて渡される場合があります。

どちらにしても実際に寝れる時間は4時間程度だと思います。

帰りの便はハワイ時間の昼出発が多いです。

例えば、ハワイを昼12:00に出発して、飛行時間が9時間だった場合、日本に着くのは翌日の夕方16時頃

今度は1日なくなる感じですね。

体感的にはすでに夜21時頃ということになります。

ハワイに行くと時間が5時間ずれるので、時差ボケが心配ですよね。

ポイントとしては、

  • 行きの機内でなるべく寝る
  • ハワイに着いて眠くても昼寝はしない
  • 夜は少し早めに寝る
  • 翌日は早めに起きる

そうすればそこまで辛く感じることはありません。

帰り便の機内はなるべく起きていて、帰国した後は少し長い夜になりますが、日本時間に合わせて寝たほうがいいですね。

まとめ

いかがでしたか?

時差が気になるところではありますが、ハワイに行っちゃえば眠さなんて吹っ飛んじゃいますよ!

着いたら早速海やビーチで思いっきり遊んで、夜は早く寝ましょう。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね↓

ハワイで歩きスマホ禁止!罰金金額はいくら?対象地域はどこ?

ハワイ旅行のおすすめ時期はいつ?料金や気候で決めよう!

※記載している内容は変更になることもありますので、ご了承ください。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする