キラウエア火山へ個人で行く方法は?気温や服装もチェック!

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

ハワイ島の観光名所といえばキラウエア火山ですが、個人的に行くってなると少しわかりにくくないですか?

ということで、今回は体験談をもとにキラウエア火山へ個人で行く方法をご紹介します。

気温や服装もチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

キラウエア火山へは個人で行ける?

キラウエア火山はハワイ島で現在も噴火が続いている活火山で、ハワイ島の1番の観光名所ではないでしょうか。

火山といったら溶岩が流れている様子が間近で見られると思いがちですが、必ずしもそうではありません。

赤い溶岩が流れている様子を見るには夜に行かないといけないため、個人ではなくツアーで行くことをおすすめします。

ツアーの検索・予約はこちらからできます↓

VELTRA

ヒロの街の散策し、日が沈むころ火口の赤い煙を見学するものが多いようです。

ヘリコプターのツアーであれば、値段はかなりしますが、昼間に見ることもできます。

溶岩は自然のものなので、ツアーであっても赤く流れる溶岩が見られないこともあります。

キラウエア火山へ個人で行く方法は?

溶岩が流れる様子が見られなくても、キラウエア火山へ個人で行くことはできます。

ハワイ島ではオアフ島のようにトロリーやザ・バスが走っていないので、レンタカーを借りるのがおすすめです。

レンタカーに関してはこちらの記事を参考にしてください↓

ハワイ島のおすすめレンタカー会社は?料金や借り方をご紹介!

こちらからレンタカーの検索・予約ができます↓

カイルア・コナ方面からキラウエア火山へはかなりのロングドライブになります。

ハワイ島は外周1周するようにハイウェイが走っていて、北回りだと約2時間半南周りだと約3時間かかります。

我が家は行きは北回りで行きました。

北回りで行くと、ヒロの街を通ります。

朝ワイコロアを出て、ハイウェイをひらすら北へ進みます。

1本道なので迷うことはありませんが、方角は間違えないように気を付けてください。

南に行ってもたどり着くことはできるのですが、さらに時間がかかります。

途中、ヒロの街に寄ってもいいですね。

私たちはヒロ大神宮に寄って御朱印をもらいました。

スポンサーリンク

ハワイ火山国立公園の入口に着いたら、入園料の25ドルを払います。

中に入ったらまずはキラウエア・ビジターセンターへ行ってください。

ここで、地図をもらったり、トレイルの申し込みができます。

我が家は3世代旅行だったため長時間のトレイルはやらず、車でジャガーミュージアムへ。

ここから、火山の様子を見ることができます。

私たちが行ったときは、白い煙が少し出ている程度でした。

その後、車でサーストンラバチューブ(溶岩トンネル)へ。

ここでは、暗いトンネルの中を歩きます。

距離は短いのですが、とにかく真っ暗で、足元も平らではないため、少し怖かったです。

スマホのライトだけでは、足元も前も見えないので、懐中電灯を持参することをおすすめします。

私たちが回ったのは以上です。

これだけでも、火山の雰囲気を楽しむことはできました。

スポンサーリンク

もっと楽しみたい方は、チェーン・オブ・クレーターズ・ロードをドライブすることができます。

往復に2時間程度かかるのですが、見渡す限り溶岩の景色を楽しむことができます。

ワイコロア方面からキラウエア火山へのルートは、北回り・南回りの他にサドルロードという道があります。

ハワイ島を東西に横断できる道路で、以前はレンタカー禁止だったり、険しい道だったということで躊躇していたのですが、思い切って走ってみたら、これが素晴らしい景色だったんです!

広大なハワイ島を満喫できて、大自然の中にいることを実感できる素晴らしい体験でした!

途中マウナケア山を望むこともできて、とにかく景色が感動的です。

距離的にも早いですし、サドルロードで行くことをぜひおすすめします。

気温や服装は?

車に乗って観光するだけなら服装に気を付ける必要はありませんが、気温は少し低いので、上着を持参した方がいいです。

トレイルをする方は、歩きやすい格好や靴がいいですね。

日差しが強いので、帽子やサングラスも必要です。

風が強いことが多いので、帽子は飛ばさないように気を付けてください。

サーストンラバチューブ(溶岩トンネル)など暗いところを歩くことがあるので、懐中電灯を持参することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

ハワイの大自然を感じることができるキラウエア火山はおずずめです。

雰囲気を感じるだけなら個人でも行けますし、しっかりと満喫したい方はツアーに参加するといいですね。

※記載している情報は変更になることがありますので、ご了承ください。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする