陸王で茂木(竹内涼真)の故障の原因は何?怪我の名前と症状についても!

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

現在放送中のドラマ「陸王」で竹内涼真さん演じる茂木選手が故障してしまいますよね。

その原因と怪我の名前や症状が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

陸王で茂木(竹内涼真)の故障の原因は何?

大学時代、箱根駅伝で注目を浴びた茂木選手(竹内涼真)。

卒業後はダイワ食品の陸上部員になり、将来が期待される選手ということでアトランティスからサポートを受けます。

豊橋国際マラソンで、ライバルであるアジア工業の毛塚選手(佐野岳)と対決した茂木選手。

毛塚選手を追い抜き、ゴール直前でトップを走っていた茂木選手は突然倒れてしまい、ひざを痛めてしまいます。

故障の原因は走り方でした。

その後、茂木選手はフォームの改善に取り組みます。

本来ミッドフット着地走法という足の裏全体で着地する走り方が良いのですが、それができるシューズがなかったんです。

ミッドフット着地走法だと膝や足首への負担が少なくなります。

さらに体幹が安定し、走りやすくなります。

そこでこはぜ屋の宮沢社長(役所広司)はミッドランド着地走法ができるシューズ「陸王」を作る決意をしたわけですね。

スポンサーリンク

怪我の名前と症状についても!

茂木選手の怪我の名前は半腱様筋(はんけんようきん)の部分損傷です。

アトランティスの佐山(小藪千豊)が見せたデータによると、過去30年で半腱様筋を損傷したランナー62人中復帰できた選手は0人。

もし一時的に治っても、この怪我は一度やったら癖になり、いつ再発するとも限らないということでアトランティスの契約を打ち切られてしまいます。

半腱様筋とはハムストリング(太ももの後ろにある筋肉)の一部で、半腱様筋はその中でも内側にあたります。

太ももを後方に伸ばしたり膝を曲げる役割をしています。

つったような痛みがありますが、一時的なもののようです。

回復までに軽度のものでも2週間、重度の場合は3カ月くらいかかります。

半腱様筋の損傷はマラソン選手だけでなく、サッカー選手なども悩まされる怪我のようです。

スポーツ選手にとっては、とてもやっかいな怪我のようですね。

まとめ

ドラマ「陸王」で重要な役どころの茂木選手ですが、今後の展開が楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする