上田二郎(税理士)の経歴やwikiプロフィール!マルサの実態とは?

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

2017年12月14日放送の「じっくり聞いタロウ ~スター近況(秘)報告~」に上田二郎さんが出演されます。

税理士で元マルサということですが、どんな経歴をお持ちなんでしょうか?

プロフィールやマルサの実態を調べてみました。

スポンサーリンク

上田二郎(税理士)の経歴やwikiプロフィール!

上田 二郎(うえだ じろう)

1964年生まれ

東京都出身

1983年、東京国税局に採用されました。

千葉県内や東京都内の税務署勤務を経て、1988年に東京国税局査察部(マルサ)に配属されます。

2年間だけ税務署勤務の時期もありましたが、合計17年間マルサの内偵調査部門で勤務しました。

2007年、千葉県内の税務署の統括国税調査官として配属されます。

2009年、奥さんの実家を継承するために東京国税局を退職します。

しかし、今は再び税理士として活躍されています。

上田二郎さんの書いた本はこちら↓


スポンサーリンク

マルサの実態とは?

マルサは潜入調査、張り込み、尾行、強制調査など税の公平を守るために極秘裏に脱税を取り締まっています。

「国税の最後の砦」と呼ばれ、メディアの取材には一切応じないそうです。

その実態は国税職員でも知らないそうで、極めて限られた人たちだけが知るとのこと。

脱税者に察知されないように強制調査に入るため「ステルス潜水艦」と呼ばれることもあるとか。

調査に半年から2年かけるそうですが、その間情報が外部に漏れることはないそうです。

もちろん家族にも話しません。

脱税が行われているのは、テレビ、新聞、雑誌、インターネットで紹介された行列のできる店、豪邸紹介、繁華街の人気店や、デリヘル、裏カジノ、違法薬物の販売などの闇の商売までさまざま。

とにかく儲かっていそうな店を見つけて調査に入るそうです。

張り込みや尾行といった地道な調査を行うそうです。

上田二郎さんはこういったマルサの実態について書いた本がこちら↓

まとめ

マルサは極秘に脱税を取り締まっていたんですね。

よく聞くわりには実態が知られていませんよね。

気になる人は上田二郎さんの本をチェックしてみてください!

よかったらこちらの記事もどうぞ↓

廣末登の経歴プロフィール!大学や年収についても調査

中村淳彦の意見は偏見で不快?著書の評判は?

朝倉秀雄の経歴やwiki風プロフィール!本の評判は?

松宮義仁の経歴やwikiプロフィール!年収や評判についても!

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする