熊篠慶彦は結婚してる?彼女の子宮委員長はると別れて現在は?

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

2017年12月19日放送の「トーキングフルーツ」に熊篠慶彦(くましのよしひこ)さんが出演されます。

市民活動家ということですが、結婚はしてるんでしょうか?

以前の彼女が子宮委員長はるさんだったということで、別れて現在どうされているんでしょうか?

スポンサーリンク

熊篠慶彦は結婚してる?

熊篠慶彦(くましのよしひこ)さんは1967年12月17日生まれで、生まれつき脳性麻痺による四肢の痙性麻痺を抱えており、車椅子生活を送られています。

そんな熊篠慶彦さんは障害者でも恋愛するんだということを訴え、性の理解をしてもらう活動をされています。

結婚されてるかどうか調べてみましたが、情報はありませんでした。

ご自身の初恋は20代初めの頃だったそうです。

高校卒業後、通信制で慶応大学に通い始めた熊篠慶彦さんは、神奈川県のリハビリテーション施設で社会生活を営むための生活訓練を受けていました。

訓練が終わってからも顔を出していたそうで、そのとき福祉系の専門学校に通っていた実習生と出会いました。

かわいらしい方で一目惚れだったようですが、交際には発展しなかったそうです。

その後、別の女性と出会います。

その方は摂食障害を抱えていて、薬物依存気味だったみたいなんですが、熊篠慶彦さんは彼女のことを本気で好きになり、ずっと一緒にいたいと思っていたそうです。

ですが、彼女に他に好きな人ができてあっけなくその関係は終わってしまいました。

彼女にフラれた理由は障害のせいではないかもしれないけれど、昔の引っ込み思案になりがちで、本心に蓋をしてしまう傾向がまた強くなってしまったそうです。

障害を理由に、好きな相手への気持ちを押し殺す人はたくさんいます。

そんな人たちのために熊篠慶彦さんは今の活動を行っているんです。

スポンサーリンク

彼女の子宮委員長はると別れて現在は?

本気で好きになった人にフラれて傷ついた熊篠慶彦さんですが、2012年に新たな女性と出会います。

子宮委員長はるさんという方です。

自分らしく生きるをテーマに日々ブログ・講演などでを活動している方で、支持をする女性も多いそうです。

子宮に関する本も出版されていて6万部のベストセラーとなっています↓

はるさんは熊篠慶彦さんよりも一回り下で当時風俗嬢をされていました。

2人は熊篠慶彦さんが編集をされた「身体障害者の性活動」の出版記念パーティーで出会いました。

交際は順調に続いたそうなんですが、はるさんが子供を欲しがったことから関係が悪化していったようなんです。

結果はるさんは妊娠して喜んだのですが、熊篠慶彦さんは戸惑っていました。

というのも熊篠慶彦さんは10代の頃、股関節の手術をして、精巣付近にエックス線を照射されたことがあるらしく、子供を作る能力があるかわからないと躊躇していたそうなんです。

そんな温度差からすれ違い、2人は別れることになりました。

はるさんは別の男性と結婚し、幸せな生活を送っているそうです。

一方熊篠慶彦さんは、恋愛に消極的になってしまったようなんですが、気になっている相手はいるようですよ。

まとめ

熊篠慶彦さんが現在結婚されているという情報はありませんでした。

彼女だった子宮委員長はるさんと別れた後は、恋愛に消極的になりながらも気になる相手はいるようです。

障害者のための活動をこれからも続けていって、ご自身も幸せになってほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする