笑福亭仁鶴の現在は病気でパーキンソン病?嫁の死因は?

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

上方落語の重鎮である笑福亭仁鶴(しょうふくていにかく)さんが半年ぐらい姿を見せていないようです。

病気との噂でパーキンソン病説もあるようなんですが、現在どうしているのでしょうか?

さらに亡くなった嫁の死因と因果関係についても調べてみました。

スポンサーリンク

笑福亭仁鶴の現在は病気でパーキンソン病?

笑福亭仁鶴さんは2017年5月、NHK「バラエティー生活笑百科」の収録を放送32年で初めて欠席しました。

その後、恩人である先代林家染丸さんの五十回忌興行には出演し、7月頃にはなんばグランド花月の舞台や、「バラエティー生活笑百科」、読売テレビ「大阪ほんわかテレビ」などのレギュラーにも復帰したのですが、夏頃から休演が続き、8月、9月は花月も出ていません。

そんな笑福亭仁鶴さんは実は病気でパーキンソン病ではないかと言われているんです。

パーキンソン病とは、脳にある黒質という部分に異常が起き、それが原因で神経細胞による脳から体への命令がうまく伝わりにくくなってしまうとい病気です。

40歳~50歳以降に発症しやすく、約1000人に1人の割合で発病すると言われています。

一般的には、手脚が震える、手脚がこわばる、動作が緩慢になる、転びやすくなるといった症状が現れるそうです。

また表情が乏しくなることもあり、何もしていない時でも手足が震えるようになるそうです。

症状や検査によって判断するそうですが、パーキンソン病だとは断定することはなかなか難しいようですね。

笑福亭仁鶴さんの場合、過去に「バラエティー生活笑百科」に出演したときネット上で,

じっとしていると顔が揺れている

と噂されたことから、パーキンソン病ではないか?と言われているようです。

スポンサーリンク

嫁の死因は?

笑福亭仁鶴さんは2017年6月2日に嫁の岡本隆子さんを亡くしています。

岡本隆子さんは芸人、吉本新喜劇の座員、タレントとして活躍され、「たか子姫」の愛称で親しまれていました。

死因については発表されておらず、大阪府内の病院で息を引き取ったということで何かしらの病気を患っていたのではないか?とされています。

葬儀告別式も近親者のみ密葬で営まれたそうです。

笑福亭仁鶴さんは岡本隆子さんが亡くなった後、喪中休みに入り、心労もピークだったようですね。

さらに2017年12月16日には弟子の笑福亭仁勇さんが脳出血のため急死し、笑福亭仁鶴さんは大変なショックを受けているようです。

まとめ

笑福亭仁鶴さんは自身の体調不良と嫁や弟子の死により、かなりの心身的なダメージを受けていると思われます。

心配ですね。

元気になってまた力強い眼光を見せてほしいものです。

よかったらこちらの記事もどうぞ↓

黒口那津のwikiプロフ!水着画像や彼氏は?目頭整形疑惑がヤバい!?

貴乃花の目や顔つきがおかしい理由は病気や宗教?降格処分ありえないの声も!

 

石井準一の不倫相手は誰?悪い噂や大学、家族、派閥についても!

八角理事長の娘や嫁との離婚理由が悲惨!評判が悪く辞任しろの声続出!

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 岡本ひろげん(中川浩一) より:

    お父さん、一日も早くTVや舞台への出演に復帰して下さい。お願いします‼