三四六は現在ものまねタレントで柔道リポーター?嫁や息子についても

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

三四六というタレントさんが現在ものまねタレントや柔道リポーターとして活動されているみたいです。

どんな方なんでしょうか?

嫁や息子についても調べてみました。

スポンサーリンク

三四六は現在ものまねタレントで柔道リポーター?

三四六(さんしろう)

1970年7月9日生まれ

東京都出身

明治大学法学部出身

本名:秦 光秀(はた みつひで)

旧芸名は:松山 三四郎(まつやま さんしろう)三四郎

三四六のグルフラ(FM長野)結構好き。 #三四六 #お前らの気持ちはよーくわかった

yoshihisaさん(@yoppy0529)がシェアした投稿 –

小学生の頃から柔道をやっていて、明大中野中学の時に第16回全国中学校柔道大会78kg以下級で優勝しています。

柔道五輪金メダリスト吉田秀彦さんは当時三四六さんと対戦して勝てなかったらしく、「ハンパなく強かった」「こんなやつに勝てるわけない」と衝撃を受けたらしいです。

柔道だけじゃなく相撲もすごかった三四六さん。

小学生の時に出場したわんぱく相撲では圧倒的な強さで3連覇を飾っています。

なんとあの元横綱の第66代横綱の若乃花も当時このわんぱく相撲に出場していて、三四六と対戦して一度も勝てなかったといいます。

若乃花は「怪物」だと感じたそうですよ。

まさに相撲と柔道二刀流の天才だったんです。

そんな三四六さんは、明治大学在学中の1994年に日本テレビの「史上最強ものまねバトル大賞」の素人選手権で優勝し、芸能界デビューしました。

歌手の松山千春さんから自分のものまねが似ていると認められて、「松山三四郎」と命名されたのですが、現在の事務所であるJVCエンタテインメントに移籍したとき「三四六」に改名しています。

柔道の「姿三四郎」に由来しているそうです。

ラジオDJとしてもされていて、長野県を拠点に活動しています。

現在ラジオ番組「松山三四六 Nuts23」のパーソナリティとして出演しています。

柔道経験があるため、国内で行われる柔道の大会でレポーターをつとめることもあるそうです。

柔道世界選手権では、中継リポーターとして出演しました。

スポンサーリンク

嫁や息子は?

三四六さんは、女優の網浜直子さんと結婚しました。

飯島直子さんと「W-NAO」を組んでいた方です。

1998年に「ものまねバトル大賞」で共演したのがきっかけだったそうです。

網浜直子さんは鬼嫁として知られているみたいです。

三四六さんには、2人の息子がいて、2人とも柔道をやっているそうです。

実力もかなりあるようで、長男は大会の個人戦で8位になったそうですよ。

お父さんの血を引いているようですね。

まとめ

三四六さんは、柔道と相撲でかなりの実力者だったようですが、その道には進まず夢だったアーティストの道へ進んだようですね。

現在は嫁と息子2人がいて、ものまねタレントや柔道リポーター、ラジオDJをされているということです。

よかったらこちらの記事もどうぞ↓

伊藤智仁の現在は?天才と呼ばれ野村克也が土下座した理由とは?

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする