炎と怒り(トランプ暴露本)の内容は?日本語版の発売日はいつ?

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

トランプ大統領の暴露本「炎と怒り」が話題になっていますね!

内容はどんなものなんでしょうか?

日本語版の発売が決定しましたので、発売日も調べてみました。

スポンサーリンク

「炎と怒り」(トランプ暴露本)の内容は?

トランプ大統領の暴露本「炎と怒り」が2018年1月5日アメリカで発売され売り切れが続出しました。

発売1週間で100万部を超えるベストセラーになりました。

日本でも話題になっていますね。

原題は『Fire And Fury』

全366ページで、ドナルド・トランプ大統領のホワイトハウスへの道と、政権を握って最初の1カ月が記されています。

著者は、ジャーナリストのマイケル・ウォルフ氏。

引用元:http://parstoday.com/ja/news/world-i38905

2017年8月に首席戦略官兼大統領上級顧問を解任されたスティーブ・バノン氏を含む、200人以上へインタビューをしたということです。

内容を少し見てみましょう。

大統領になるつもりなかった

大統領選の際、トランプ大統領本人も、大統領選の陣営全員が大統領にならないと思っていたそうです。

メラニア夫人も、大統領にならないと約束されていたにも関わらず勝利したため、喜ぶどころか泣いたらしいですよ。

本人も当初は困惑していたそうですが、突然「私はふさわしい!」と大変身をとげたとのことです。

毒殺を恐れている

トランプ大統領は普段「誰も物に触れてはいけない。特に歯ブラシは。」と話しているそう。

毒を盛られることを恐れているためで、そのためにマクドナルドのハンバーガーしか食べないとのこと。

マクドナルドのお店をランダルに選ぶことによって、事前に毒を盛られる恐れがないからだそう。

また、セキュリティーの忠告を無視して寝室に鍵を付けさせたらしいです。

イヴァンカがトランプの髪型を暴露

イヴァンカ氏によると、トランプ大統領は「頭皮交代手術」を受けていてその周りの髪の毛を中央に寄せ集めて後ろに流し固めることでハゲ隠しをしているとのこと。

内容はほとんどゴシップネタのようですね。

トランプ大統領は、本の内容をすべて否定しており、激怒しているそうです。

日本語版の発売日はいつ?

「炎と怒り:トランプ政権の内幕」日本語版の発売日は2018年02月28日頃の予定です。

早川書房から出版されます。

アメリカで大ヒットとなり、日本でも早々に翻訳されたみたいですね。

こちらから予約ができます↓

まとめ

トランプの暴露本「炎と怒り」の内容はゴシップネタのようですね。

一度読んでみたら話のネタにはなるかもしれません。

気になる方はチェックしてみてくださいね。

日本語版の発売は2018年2月28日頃の予定です。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする