小室哲哉の引退後の活動や今後の仕事は?KEIKOと離婚の可能性はある?

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

週刊文春で不倫を報じられた小室哲哉さんが引退を表明されましたね!

引退後の活動や今後の仕事はどうなるんでしょうか?

KEKOさんとの離婚の可能性はあるのかについても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

小室哲哉の引退後の活動や今後の仕事は?

2018年1月19日に小室哲哉さんが引退を表明されました。

不倫が報じられたことによる「けじめ」が理由だということです。

小室哲哉さんの不倫に関する記事はこちら↓

https://bateau32.com/2677.html

みなさんは引退についてどう思われましたか?

私は正直引退する必要はないんじゃないかと思います。

不倫は確かにいけません。(本人は否定していますが)

でもそれとこれとは別だと思うんです。

小室哲哉さんは騒動の責任を取って、音楽の道から退く決意をしました。

現在「ラストアイドル」など複数のプロジェクトに携わっているので、その責任は果たすということですが、自発的な音楽活動はもうしないといいます。

今後については、

生き方、身の振り方に関してはお時間を頂きたい。そこには、KEIKOのことも含めて考えていきたい

と話しています。

今後どうするかはまだ決めていないようですね。

収入がどうなるかも気になりますが、仕事がなくなっても印税が入ってきます。

ただ、小室哲哉さんには著作権に関する詐欺事件で逮捕された過去があります。

小室哲哉さんの逮捕に関する記事はこちら↓

ALOHA! ハワイ大好きフネっちです。 小室哲哉さんの不倫疑惑が報道されて話題になっていますよね。 小室哲哉さんといえば、以前逮捕さ...

実際にはすべての著作権を失っているわけではなく、一部は所有されているようですので、そこから印税が入ってくる可能性はあるといいます。

あと印税にはカラオケ印税というのもあり、小室哲哉さんが作り、小室哲哉さんに著作権がある曲が歌われれば印税が入ってくるそうです。

贅沢をしなければ、生活はできるくらいの額は入ってくるようですね。

小室哲哉さんには、「若い人たちの音楽活動をサポートしたい」という強い思いがあるようです。

才能のある方なので、ぜひ今後も音楽活動を続けてほしいですけどね。

だって音楽が人生みたいな人じゃないですか?

私もまさに小室哲哉さんの歌を聴いて育った世代ですので。

なんか音楽活動やめちゃったらそれこそストレスたまっちゃうんじゃないかって思っちゃいました。

スポンサーリンク

KEIKOと離婚の可能性はある?

小室哲哉さんは、KEIKOさんとの離婚については明言していません。

2011年にKEIKOさんがくも膜下出血になって以来6年間、小室哲哉さんは献身的にリハビリを支えてきました。

介護は相当大変なものだったようですね。

小室哲哉さんは現在59歳、一方KEIKOさんはまだ45歳。

先の見えない状況にストレスを感じていたといいます。

KEIKOさんは、大人の女性としての会話のコミュニケーションが日に日にできなくなってきている状態らしく、今回の騒動についても理解しているのかわからないといいます。

さらに小室哲哉さん自身も、C型肝炎や突発性難聴、耳鳴りと病気がちで、そんな中でのストレスを和らげてくれていたのが不倫相手とされる看護師A子さんだったのです。

看護師A子さんに関する記事はこちら↓

ALOHA! ハワイ大好きフネっちです。 不倫疑惑で話題になっている小室哲哉さんですが、不倫相手とされている看護師A子さんの画像...

KEIKOさんから離婚を切り出すことはないでしょうから、小室哲哉さん次第ということになりますよね。

小室哲哉さんはKEIKOさんのことは、妻ではなく娘みたいに思っているようですので、見捨てることはしないんじゃないかと思います。

小室哲哉さんは引退会見の最後に、「介護」のことが何か響けばと話しています。

やはりKEIKOさんのことを一番に思っているんじゃないですかね。

これからもずっとKEIKOさんを支えていくんじゃないでしょうか?

小室哲哉さんの元嫁Asamiさんに関する記事はこちら↓

ALOHA! ハワイ大好きフネっちです。 不倫疑惑で話題になっている小室哲哉さんのニュースが多く報道されていますね。 小室哲哉さんとい...

にんにく注射に関する記事はこちらもどうぞ↓

ALOHA! ハワイ大好きフネっちです。 最近話題の「にんにく注射」を打つ方が多くなってきているようです。 にんにく注射っ...

まとめ

小室哲哉さんの引退は多くの方が驚かれたんじゃないでしょうか?

才能がある方なので、残念だなという気がします。

また何かの形で音楽の世界に戻ってきてほしいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする