大根仁は結婚してる?学歴や経歴!錦戸亮がキレた理由がヤバい!

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

「モテキ」や「バクマン。」などを手がけた大根仁監督ですが、結婚はしてるんでしょうか?

名監督ということで学歴や経歴も気になりますね。

過去には大根仁監督に関ジャニ∞の錦戸亮さんがキレたというエピソードもあるようなので、その理由についてもまとめてみました。

スポンサーリンク

大根仁プロフィール

引用元:https://twitter.com/hitoshione

大根 仁(おおね ひとし)

生年月日:1968年12月28日

出身地:東京都国立市

職業:演出家、映画監督

ジャンル:テレビドラマ、映画、舞台、ミュージック・ビデオ

所属:オフィスクレッシェンド(取締役)

結婚してる?

大根仁監督が結婚しているかに関しては情報がありませんでした。

そこでインスタをのぞいてみたところ、こんな投稿を発見しました↓

「脚本書いてる時はご飯しか楽しみがない。スーパー行って、あれもこれも食べたい、でも栄養もちゃんと取らなきゃ、でも味噌汁とおかず一品くらいは自分で作ろう」

って書いてあります。

仕事しながらも、自分で買い物に行ってご飯を作っているところを見ると、独身の可能性が高そうですね。

ちなみにこういう方がタイプのようです↓

福岡良子さんは気象予報士で、NHK総合テレビ「ニュース シブ5時」に気象キャスターとして出演されています。

たしかにキレイな方ですよね。

相手は不明ですが、結婚されているようです。

またこんな投稿も発見↓

女優との結婚への憧れがあるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

学歴や経歴は?

大根仁さんがドラマ作りに興味を持ったきっかけは「北の国から」だったそうです。

ドラマの第1回を見た時に衝撃を受けて、その後たまたま本屋さんで見つけた「北の国から」のシナリオを手に取ったことがすべての始まりだったようですね。

高校は市立船橋高校を卒業し、その後映像系の専門学校に進学しています。

大学には進学していないそうです。

専門学校在学中に制作したPVが、当時学校に講師で来ていた堤幸彦監督の目に留まったそう。

その縁で堤幸彦監督と秋元康さんが作った番組制作会社「SOLD OUT」に入社します。

堤幸彦監督といえば、「TRICK」「20世紀少年」などを手掛けた名監督ですよね。

秋元康さんはAKB48などのアイドルを育てた名プロデューサー。

大根仁さんは実力だけじゃなく運も強いようですね。

2012年には、初めて監督をつとめた映画「モテキ」で第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞しました。

 

その他手がけた作品はこちら↓

2015年「バクマン。」

佐藤健&神木隆之介主演

 

2017年「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」

妻夫木聡&水原希子主演

 

そして、2018年には「SUNNY強い気持ち・強い愛」が公開。

篠原涼子さんや広瀬すずさんなど、美人女優が勢ぞろいの豪華出演陣ですが、そんな美女たちに囲まれて監督もうれしそうです(笑)

スポンサーリンク

大根仁に錦戸亮がキレた?理由は?

大根仁監督は1999年に「熱血恋愛道」というドラマを手がけています。

ジャニーズJr.が出演する1話完結ドラマだったんですが、そこに関ジャニ∞の錦戸亮さんが出演。

錦戸亮さんは当時14歳でした。

そのとき大根監督に錦戸亮さんがブチギレしたというんです。

撮影の日に錦戸亮さんは体調が悪く、ひたすら車を追いかけるシーンの撮影で、大根監督は「もっと気合い入れて走れー!」となかなかOKを出さなかったそう。

それにキレた錦戸亮さんは、「こんなに走らせやがって、ジャニーさんに言いつけてやる!」暴言を吐いたそうです。

さらに大根監督に向かって挑発ポーズを放ったとか。

錦戸亮さんはそのことを覚えておらず、後日人から言われて知ったそうです。

後日テレビ番組で再会したとき、錦戸亮さんは会うのを恐れていたそうですが、大根監督は全く怒っていませんでした。

14歳の少年に言われたことにむしろ笑えたといいます。

まあ年齢的には大人と子供ですからね。

お互い大人になった今、機会があればまた一緒にお仕事をしたと思っているみたいですね。

まとめ

大根仁監督が結婚しているかはわかりませんでしたが、独身の可能性が高そうですね。

大学は出ていないですが、専門学校で堤幸彦監督の目に留まり、番組制作会社に入社という、運と実力を兼ね備えた方のようです。

過去には手がけたドラマに出演していた錦戸亮さんにキレられたというエピソードもあったようですが、そんなことも笑い飛ばすくらい器の大きいかたみたいですね。

これからも素敵な作品を創っていっていただきたいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする