山本KID徳郁はどこの癌で種類は?刺青の関係やステージ末期の噂がヤバい!

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

山本KID徳郁さんの訃報が入ってきました。

8月に癌であることを公表していていましたが、どこの癌で種類は何だったんでしょうか?

実は刺青(タトゥー)と関係があるとかステージ末期という噂もあるようなのでみていきたいと思います。

スポンサーリンク

山本KID徳郁プロフィール

引用元:https://twitter.com/kinisoku/status/1041900940721250304

山本“KID”徳郁(やまもと“キッド”のりふみ)

生年月日:1977年3月15日

出身:神奈川県川崎市

身長:163cm

体重:61㎏

職業:総合格闘家

階級:フェザー級、バンダム級

ニックネーム:神の子、KID

父:山本郁榮(ミュンヘンオリンピックレスリング・グレコローマン日本代表)

姉:山本美憂(女子レスリング選手、総合格闘家)

妹:山本聖子(女子レスリング選手、指導者、ダルビッシュ有の嫁)

甥:山本アーセン(レスリング選手・総合格闘家)

山本KID徳郁さんは幼い頃からレスリング・フリースタイルで活躍していましたが、2001年に総合格闘家に転向しています。

プライベートでは、2004年8月にモデルのMALIAさんとと結婚。

2005年1月に男の子、2006年11月に女の子が生まれましたが、2009年8月に離婚しています。

子供たちはMALIAさんが引き取ったようですね。

その後「HARDHIT」というブランドを立ち上げ、プロデュース。

2008年からは、大田区でスポーツジムYSA(ヤマモトスポーツアカデミー)、KRAZY BEEの経営を始めます。

2006年7月には北京五輪出場を目指すことを表明しましたが負傷したため断念しました。

2011年からUFCと契約。

2014年7月には品川区にカレー屋さん「Curry Shower」をオープン。

11月に、一般人の方と結婚し、女の子が誕生しています。

格闘家としてだけでなく、経営者としても活躍されていたんですね。

スポンサーリンク

どこの癌で種類は?

2018年9月18日、山本KID徳郁さんの所属ジムKRAZY BEEの公式ツイッターで訃報が報じられました。

2018年8月に癌であることが公表されていた山本KID徳郁さんですが、どこの癌でどんな種類の癌なのかということは明らかにされていませんでした。

そして今回も詳細は公表されていません。

ネット上では「どこの癌だったのか?」と気になっている方が多いようですね。

さくらももこさん、樹木希林さんと、癌が原因で亡くなった方が続いていたので、やはり気になるところですよね。

スポンサーリンク

刺青(タトゥー)と関係あり?

公表されていないためはっきりとはわかりませんが、「皮膚がん」か「肝臓がん」ではないか?という声が多いようです。

というのも山本KID徳郁さんは全身に刺青(タトゥー)を入れていました。

引用元:https://twitter.com/djrinami/status/1041902041390403584

刺青は皮膚に針を刺して墨を入れるため、癌の要因になる可能性が高いことや、紫外線の影響を受けやすいと言われているようです。

また、針の使いまわしによってB型肝炎やC型肝炎の感染があったのではないか?という噂もあるようです。

ただ週刊誌の情報によると、山本KID徳郁さんは消化器系のがんとされています。

消化器系ということは胃がんか大腸がんが思いつきますが、他にもいろいろあるのでわからないですよね。

スポンサーリンク

ステージは末期だったのか!?

残念ながら41歳で亡くなられたということで、末期だったのでは?ということも考えられますよね。

発表されていないので、すべては推測になってしまいますが、41歳ということで早すぎますよね。

若くても油断はできないということで、私たちもきちんと検診をうけなければいけないですね。

まとめ

山本KID徳郁さんの癌の詳細は公表されていないため、推測することしかできないようです。

41歳ということで、若すぎますよね。

まだまだ活躍をみせてほしかったです。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする