本庶佑は宇部高校出身で偏差値は?自宅や妻・息子などの家族もチェック!

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

ノーベル生理学・医学賞を受賞された本庶佑(ほんじょたすく)教授。

京都出身なんですが、山口県の宇部高校出身だということです。

ということで宇部高校の偏差値が気になりますね。

自宅や妻・息子などの家族もチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

本庶佑プロフィール

引用元:https://twitter.com/Sankei_news/status/1046695087743295489

本庶 佑(ほんじょ たすく)

生年月日:1942年1月27日

出身地:京都府京都市

職業:医師、医学者(医化学・分子免疫学)

肩書:京都大学名誉教授・高等研究院特別教授、公益財団法人先端医療振興財団理事長、ふじのくに地域医療支援センター理事長、静岡県公立大学法人顧問、日本学士院会員、文化功労者

免疫の働きを抑えるブレーキ役となる物質を発見し、がんに対して免疫が働くようにする新たな治療薬の開発などに貢献したとして2018年ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

スポンサーリンク

宇部高校出身で偏差値は?

京都出身の本庶佑教授ですが、お医者さんだった父親の都合で山口県宇部市で育ちました。

そのため、高校は宇部高校出身。

卒業後は京都へ戻り、京都大学医学部医学科に進まれています。

京都大学医学部が偏差値が高いことは分かりますが、宇部高校ってどうなのか気になりますよね?

宇部高校は山口県有数の進学校だそうで、2018年の偏差値は67

山口県内3位となっています。

宇部高校出身の有名人は、過去に総理大臣も務めた菅直人氏、

引用元:https://twitter.com/NaotoKan

映画監督の山田洋次氏、

引用元:https://eiga.com/person/74649/

ユニクロなどを手がけるファーストリテーリングの社長柳井正

引用元:https://twitter.com/yanaitadash1

など結構大物がいるんですよね。

今回ノーベル賞受賞者が出たということで、宇部高校出身の方も喜んでいるでしょうね!

スポンサーリンク

京都市中京区の自宅は豪邸?

ノーベル賞受賞者がどんなところに住んでいるのか、自宅も気になりますよね!

ご自宅は京都市中京区にあるということです。

妻の滋子さんがご自宅で報道陣の取材を受けていました。

出典:朝日新聞社

自宅の全体像は写っていませんが、立派そうなお家ですよね。

きっと豪邸なんじゃないかなと思っちゃいますね。

妻・息子などの家族は?

妻の滋子さんは、自宅でインタビューを受けたり、記者会見などでも同席していましたね。

本庶佑教授より1歳年下の75歳だそうです。

本庶佑教授は自分で「亭主関白だ」と記者会見で話していたように、家庭のことはすべて茂子さんがやってきたんでしょうね。

まさに支える妻という感じですね。

2人の間には息子さんとさんがいるようなんですが、詳しい情報はわかっていません。

噂では2人とも医者ではないか?と言われています。

本庶佑教授の父親も医者だったので、もし子供さんたちも医者であれば親子3代お医者さんということになりますね。

本庶佑教授が現在76歳なので、息子さんと娘さんはもう50歳ぐらいですかね?

間違いなく優秀な血が流れているでしょう。

まとめ

本庶佑教授の出身宇部高校は偏差値67とさすが高いですね!

自宅は京都市中京区にあるということで、立派なお家なんじゃないでしょうか?

妻は滋子さんで、息子と娘たちが医者だという噂がありますが、真相はわかっていません。

家族みんな受賞を喜んでいるでしょうね!

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする