貴ノ岩の兄が胡散臭い!他に兄弟はいる?過去の問題児行動がヤバかった!

LINEで送る
Pocket

ALOHA!

ハワイ大好きフネっちです。

日馬富士の傷害事件以来、日馬富士の引退や損害賠償請求、自身の暴行問題など何かと話題になっている貴ノ岩。

バッシングを受けて出てきた兄が胡散臭いとも言われているようです。

貴ノ岩は他にも兄弟がいるのでしょうか?

過去の問題児行動にも迫ってみたいとおもいます。

スポンサーリンク

貴ノ岩の兄が胡散臭い!

引用元:https://twitter.com/nico_nico_news/status/1070247742360801280

日馬富士の傷害事件で貴ノ岩が慰謝料を請求した件で兄が注目されましたよね。

その兄が「胡散臭い」と言われているみたいなんです。

まずは傷害事件からの流れを整理してみましょう。

  • 2017年10月26日 

貴ノ岩は日馬富士から暴行を受けて全治2週間の怪我を負う。

日馬富士は責任をとって引退。

  • 2018年3月場所で復帰。

8勝7敗の成績を残す。

その後の春巡業は「心的外傷ストレス障害、左足関節症」のため全休。

  • 2018年5月場所で再び復帰。

11勝4敗の成績を残す。

  • 2018年7月場所 

13連勝で十両優勝を果たす。

  • 2018年9月場所

10勝5敗の成績を残す。

  • 2018年10月1日

貴乃花親方が相撲協会を退職し、貴乃花部屋が無くなったため、「千賀ノ浦部屋」へ移籍。

  • 2018年10月3日

日馬富士へ2413万5256円の慰謝料を請求。

しかしその後、損害賠償を求めた民事訴訟を取り下げる。

スポンサーリンク

このとき出てきたのが貴ノ岩の兄ルブサン・アディヤさん。

貴ノ岩は

  • 慰謝料
  • 治療費
  • 事件がなければ得られたとされる給与、幕内力士に懸けられる懸賞金

として計2413万5256円請求していました。

しかし母国モンゴルから大バッシングを受け取り下げざるを得なくなったのです。

モンゴルでは大相撲の視聴率が80%超えるくらい人気で、横綱は「神」に等しい存在なんだそうです。

そんな「神」であった日馬富士を引退に追いやったとされ、大ブーイングを受けているようです。

そんなバッシング被害が家族にも及んだことで、損害賠償は求めず、治療費も自ら負担するとしたそうです。

兄ルブサン・アディヤさんは会見で

「街で人に会うと、『君の弟は相撲を取らないくせに、横綱にわざと問題を起こして横綱からお金を取ろうとしている』と言われて、街中で口げんかをしたことは何回かあった」

「このままでは対立が深まり、家族にとって良いことは一つもない。兄として、早くこの問題を終わりにしようと弟に助言した」

と話しています。

また貴ノ岩の性格に対しては

「礼儀正しい性格で態度も問題なかった」

とも話しています。

スポンサーリンク

こうした発言にSNS上では「胡散臭い」という声が続出しています。

スポンサーリンク

他に兄弟はいる?

貴ノ岩の本名はアディヤギーン・バーサンドルジ。

四股名は貴ノ岩義司(たかのいわよしもり)で1990年2月26日生まれです。

母親・アルタンゲレルさんは、心臓病により貴ノ岩が8歳の時に46歳という若さで他界されています。

父親も貴ノ岩が16歳の時に来日した3ヶ月後に肝臓がんにより64歳で他界されています。

貴ノ岩は5人兄弟の末っ子です。

兄が3人、姉1人います。

引用元:http://sakurairoiro.net/wp-content/uploads/2017/11/securedownload-2-300×153.jpg

1番上の兄は貴ノ岩を日本に送り出すために身を売ったそうで、2番目の兄は貴乃花の援助で大学に行って教師になったそうです。

ルブサン・アディヤさんが何番目の兄かはわかりませんでした。

姉が幼い頃に誘拐されて今も行方不明なんだそうです。

なかなか壮絶ですね。

しかし貴ノ岩は兄弟をとても大切にしていて、日本に呼んで相撲を見せたこともあるそうで、仲がいいみたいですよ。

だからなおさら家族へのバッシングは耐えられなかったんでしょうね。

スポンサーリンク

過去の問題児行動がヤバかった!

2018年12月、付け人に暴行したことが報じされた貴ノ岩。

冬巡業中、付け人が忘れ物の言い訳をしたことに腹を立て、平手と拳で顔面を数回殴ったといいます。

「被害者側だった人間がなぜ加害者側に!?」と思った人も多いでしょう。

しかし、よくよく調べてみると実は過去にも問題を起こしていた問題児だったようです。

以前夏の巡業中に、同じモンゴル出身の力士を殴っていたという情報がありました。

別の部屋の幕下以下の力士だったそうですが、その力士の顔面を数発殴り、膝蹴りまでくらわしたそうです。

理由が、宿舎の湯が出なかったことに腹を立てたためということで、なんとも気が短いなと感じてしまいます。

こういった行動をみると、兄が話していた「礼儀正しい性格で態度も問題なかった」という点も全く矛盾していますよね。

「胡散臭い」と言われるのもこのためかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました☆

MAHALO!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする