イッテQで手越がやったパルクールってどんなもの?大会はあるの?

LINEで送る
Pocket

2017年8月20日放送の「世界の果てまでイッテQ!」で手越祐也さんがカレンダープロジェクトを担当します。

「超かっこいい連続写真」というテーマでパルクールに挑戦していますが、一体どんなものなんでしょうか?

大会があるかや、有名なパフォーマーについても調べてみました。

スポンサーリンク

パルクールってどんなもの?

移動動作を用いて、人が持つ本来の身体能力を引き出し追求する方法

引用元:Wikipedia

言葉で言われてもよくわからないですよね。

パルクールはフランスで始まったスポーツです。

といってもルールなどはなく、競技でもないため、スポーツと捉えていいのか難しいところでもあります。

芸術性の要素も含まれていますね。

パルクールはどれだけ早く移動できるかということで、そこにアクロバットの要素を取り入れ技の難易度を競う動きは「フリーランニング」と呼ばれています。

運動神経がいりそうですが、ルールがないので、自分なりに考えてできて楽しいかもしれないですね。

パルクールの大会ってあるの?

パルクールは日本では歴史が浅いのでスポーツとしてあまり認識されていません。

日本パルクール協会というものがありますが、パルクールは競技ではないため、大会や選手権などのイベントは開催されていないとのことです。

しかし、フランスやアメリカでは授業などにも取り入れられていて、メジャーなスポーツとして認識されているようです。

世界では大会が開催されているようですね。

体育の授業でパルクールをやるってなんかかっこいいですよね。

パルクールの有名なパフォーマーは?

日本で一番有名なパルクールパフォーマーがZENさんという方です。

ZENさんは世界大会で3位になった実力の持ち主です。

実はZENさんはLDHに所属しています。

同じくLDH所属のEXILEや三代目J Soul Brothersのミュージックビデオにも出演しています。

イケメンだしパルクールをやっている姿はかっこいいですね。

イッテQ」でも以前ロッチ中岡さんが「Q Tube」でパルクールに挑戦していました。

ロッチ中岡さんはうまくできませんでしたね。

そこが面白いんですけどね。

まとめ

以上「世界の果てまでイッテQ」で手越祐也さんがやったパルクールについてご紹介しました。

もしかしたら今後パルクールがもっと有名になって人気が出るかもしれませんね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする