angelaの気づかないうちにアホガールOPがファフナーになるの意味とは?

LINEで送る
Pocket

angelaの「気づかないうちにアホガールOPがファフナーになる」が話題になっていますがどういう意味なのでしょうか?

スポンサーリンク

angelaとは?

1993年に結成された音楽ユニットです。

メンバーはボーカルのatsukoさんと、ギター&アレンジのKATSUさん。

キングレコードに所属しています。

アニメの主題歌などを歌っている2人組です。

気づかないうちにアホガールOPがファフナーになるの意味とは?

2017年9月9日に新木場・STUDIO COASTで「angela全力☆Live!2017」が開催されました。

7月5日に発売された最新シングル「全力☆Summer!」を引っさげてのライブでした。

「アホガールOP」とは2017年7月から放送されているテレビアニメ「アホガール」のオープニングテーマのことです。

そのオープニングテーマというのが、最新シングルの「全力☆Summer!」です。

「ファフナー」とは2004年に放送された「蒼穹のファフナー」のことです。

主題歌はangelaが歌う「Shangri-La」

ボーカルのatsukoさんは、「全力☆Summer!」を歌っている途中で「Shangri-La」に変わって歌ってしまったということなんです。

以前からファンのあいだでは「全力☆Summer!」のサビが「Shangri-La」に聞こえると話題になっていたようです。

それをライブで本当に歌ってしまったんですね。

ライブではもう一度仕切りなおしたらしいんですが、これがハプニングどころか「待ってました!」むしろウェルカムな流れになったようです。

10月1日には名古屋・ボトムライン公演と11月10日にはTSUTAYA O-EASTライブが予定されているので、またこのハプニング(?)をファンも期待しちゃうかもしれないですね。

まとめ

angelaの気づかないうちにアホガールOPがファフナーになるの意味とは、歌が途中で変わってしまうウェルカムなハプニングのことでした。

ファンの期待を裏切らない盛り上がるライブ楽しそうですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする