竜剛馬の得意技は?東大卒の弁護士プロレスラーという異色の経歴が気になる!

LINEで送る
Pocket

2017年9月19日放送の「踊る!さんま御殿!!」にプロレスラー竜剛馬(りゅうごうま)さんが出演しています。

得意技東大卒弁護士プロレスラーという異色の経歴が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

竜剛馬は東大卒の弁護士プロレスラー!

竜剛馬(りゅうごうま)

本名:川邊 賢一郎(かわべ けんいちろう)

ニックネーム:司法 闘人

1982年1月13日生まれ

神奈川県出身

170cm

プロレスリングBASARA、神奈川県弁護士会所属

引用元:http://www.ddtpro.com/superstars/ryu/

中学3年生の時、社会見学で裁判を傍聴したのをきっかけに弁護士を目指し、東京大学法学部へ進学。

元々プロレスファンで、学生時代に一橋大学プロレスサークルから勧誘を受け「学生プロレス」入り。

卒業後、司法浪人中に先輩から誘われて「ユニオンプロレス」に入団します。

2005年にユニオン、東京・新木場1stRING大会における趙雲子龍戦でデビュー。

2011年、3度目の司法試験に合格。

研修期間は事業禁止のため休業していましたが、2013年に復帰し、日本初弁護士プロレスラーになりました。

2016年にプロレスリングBASARAに移籍

団体にインテリジェンスとコンプライアンスをもたらす模様だそうです。

竜剛馬さんはグルメのようですね。

ツイッターでは美味しそうなものが度々登場しています。

プライベートでは、結婚しており、娘が1人いるようです。

竜剛馬の得意技は?

ジャンピング・ネックブリーカードロップ

ネックブリーカードロップ(空中首折り落とし)の一種ジャイアント馬場さんが考案されたとされています。

相手をロープに振って戻ってきたところに走り込んで、カウンターで腕を首に引っかけるようにして倒して後頭部をマットに叩きつける。

立っている相手に走って仕掛けることもある。

形はラリアットに似ているがラリアットが腕力で相手の首を痛めつけるのに対してランニング・ネックブリーカー・ドロップは相手の首に腕を引っかけて後頭部を叩きつけるもので技の狙いが異なる。

引用元:Wikipedia

六法全書による殴打

名前のとおり、六法全書で相手を殴る技です。

弁護士ならではの技だそうです。

弁護士会から怒られそうですね。

六法クラッチ

六法全書による殴打の後にしかける技のようです。

引用元:http://extremeparty.heteml.jp/2014/union140504-2.htm

まとめ

竜剛馬の得意技は弁護士ならではの技のようです。

東大卒の弁護士プロレスラーという異色の経歴が今後も話題になりそうですね。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする